Messiah**

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

ひとすじのひかり

去る11月19日にのぞみふうとくん主演バウホール公演「ヴィクトリアンジャズ」を、本日DC公演らんじゅさんコンサートを観ました。

まずはたいぶ前のことですが、バウについて。
いやー、のぞみさん待望の!本当に待望の!初主演作ですね!
こちらもデビュー作となった作演出は田淵せんせい。おめでとうございます。
開演前に正面ゲート前でばったりみやるりさん、としちゃんさんをお見かけしたのでもしやと思ったら案の定バウご観劇でした。同期の初主演を観に来たみやるりさんに遭遇できて嬉しかった!

基本ベースにはマジ鬱を感じたのですが、好きな作品だったので楽しく観ました。
キャラクタ配置が絶妙だった印象。特に娘役の配置についてどうなるかと思っていたのですが、一花さんが際立ちつつ、べーゆきもヒロインとサブヒロインという感じでとても満足しました。

のぞみさんって組配属からずっと観てきてるけど新公主演時代はトップスターさんにひっしでぼんやりとしか観れてなかったりするから真ん中に立ってる印象がぼんやりとしかなくて、っていう状態だったので真ん中にいる姿をやっと見れた感がものすごくあって、それだけで胸いっぱいだったんですが、なんとまあ、安定した主演っぷりだったことでしょう!

もちろん実力はじゅうぶんにあるひとだから、その辺りの心配はまったくしてなかったけど実際観たときの手ごたえがものすごくありました。嬉しかったー。

で、まー様バウ2作で2、3番手をしていたのぞみさん、Pくんがそれぞれ番手を上げて今は主演、2番手を演じている。二人に続いてれーちゃんが3番手をしている。御曹司の系譜が続いているんだなあと思いました。これぞ組担の誇り(´∀`)

ヒロインはべーちゃん。のぞみさんがまず女の子と絡む姿自体が新鮮すぎて・・・!つくづく今まで男所帯(←)で育ってきたひとであり、まー様と共にあったひとなのだなあと思う。べーちゃんもハートのあるお芝居をするひとなので、ヒロインしてる姿見れたのは嬉しかったなあ。花娘らしいひとだとも思うので、これからも見守っていきたい娘役さんです。

芝居中にホームズの小説に出てくる推理が出てくるんだけど、ホームズ好きで子供のころほとんどのホームズ作品を読んでいるわたしはPくんの役がコナン・ドイルさんってだけでときめいていたのに、その辺りをうまく生かしてまとめてあってその辺りも好感だったなー。

時間とおさいふに余裕があればもう少し観たかったな><


さて、本日見てきたらんじゅさんコンサートの話に移ります。

すっごく!!!!良かった!!!!!!
まったく予期してなかったんだけど1幕で泣き、2幕でも泣きました。あれ?わたし観に来たのコンサートだよね?(・∀・)

1幕のリベルタンゴが素晴らしく花組でまず泣き。
2幕もすみれのボレロで泣き。

花担の涙腺刺激しすぎですよ、酒井せんせい!らんじゅさん!!

「もう『あのニッコロが』って言えないよ。あのひと、わたしが知ってるあの頃のらんじゅさんじゃないよ。スターさんだよ」ってままそに言ったら「いまさら?!w」って言われてしまったのですが><(いやでも確かにほんといまさらすぎるwwwww)今のらんじゅさんの、らんじゅさんたらしめるスターとしての深みってそらぐみでの5年間で形成したものだなあと思うのです。組替え前の花組時代は、男役としての基盤を作った10年に過ぎないのだと。だから、時折もちろんタモパパや瀬奈さんの面影が見えるんだけどでも目の前にいるひとはそらぐみから組替えしてトップスターになられた「らんじゅさん」なのです。だけど、そんならんじゅさんがすみれのボレロを先生にリクエストしたと、おっしゃっていて、このひとは確かに花組で育ったひとなのだと、らんじゅさん自身が伝えてくれたように感じすごく嬉しかったです。立派に、立派なトップスターさんになられましたね(´;ω;`)

ニッコロやっていたらんじゅさんって研6なんだよね…。ほんといつの話をいつまでしてるんだって感じですが、きっと、ずっとし続けると思います(´∀`)


花組(贔屓組・担組) | - | -

みわさんの卒業に寄せて

みわさん―あいねはれいさん、が先日10月14日、劇団を卒業されました。

前回のエントリと内容ダダ被りする点も多々ありますが、まあ思うがままに書き連ねます。
みわさんのことは、研4の頃から見てきました。長い年月になりますが、最初に名前を覚えたのはプログラムだったという珍しいきっかけでした。愛の音、と書いてあいねと読む。まではいたって普通だと思ったのですが、インパクトがあったのはお名前のほうです。羽に、麗しいと書いてはれい。うーん面白い芸名の人がいる!と思ったものです。なんだかそのお名前がやたらと印象に残ったあさきゆめみし観劇の数ヵ月後、その面白いお名前の人が新公でその公演で3番手だった伊織さんの柏木役をしているような、いわゆる『路線』さんなんだと知り、驚きます(笑)それが、わたしの一方的みわさんとのなれそめ、です(笑)

次の大劇場公演では、みわさんは主人公であるルードヴィヒの少年時代を幕開きに演じていました。おもちゃのお城を持って「おしろ!」と純粋な目で叫ぶ、少年の役。ああ、このひとは将来を期待されている有望株なのだなあ、という印象が確固たるものになります。

そんな出会いから、新公時代様々な役を演じるみわさんを見てきました。そして最後の新公でようやく主役の座を得ます。が、そのときの主演は特別出演していた轟御大。みわさんは、主演としては春野政権下にも関わらず春野さんの役をせずに(それ以前の若手格時代には本役さんだったことはありましたが)、新公を卒業したという春野政権下唯一の人でもあります。そのことがわたしは少し淋しく、残念に当時思っていたのですが・・・その後、みわさんは若手・中堅スターとして少しずつ春野さんを支えてくれる存在に成長してくれたのでした。

特に印象に残っているのは、まずは博多座あかねさす。わたしにとって天比古といったら、みわさんです。みわさんでインプットされています(´∀`)思い返せば、みわさんはあの頃から少しずつ芸幅が広がっていき始めた、そんな頃だったような。博多座の前の琥珀再演の新公で初めて女役をやったのよね。
それから、NAKED CITYのニコラは絶対に!外せない!!みわさん史上、最強にかっこよかった役だと今でも思ってます!みわあすかの並びも1期違いで大好きだったしね・・・。まさかみわさんが浅黒メイクがあんなに似合うって予想外すぎて*><*2幕の、幻想の中でデイジーの母性に癒されていたニコラが、最強に似合っていたなあ。みわさんでああいうハードボイルドタッチの役、もっと観たかったと思う。

そして、これを語らずして他を語れません。I GOT MUSIC><!

コーラスメンバー最上級生だったみわさんが、みんなを引っ張り、春野さんを盛り上げて支えてくださいました。ほんっとうに!頼もしかった!
あの公演中の、みわまつそのかの並びがもう><だいすきというか、愛しすぎて><みわまつそのか。いい時代だったなあ。青春だった。
東京の大楽の、サプライズのときの神をみるみわさんのあったかい笑顔。忘れられません。忘れない!

そして、念願の初主演のバウが、わたしが随分と前から舞台化を熱望していた舞姫だったのはこれはもう一方的に運命だったとしか思えなかったです。
宝塚でやってほしいと思っていたものが、贔屓組で観れる、それもめでたきみわさんのバウ初主演って今思い返しても最高に素晴らしいことだと思います。おまけに景子先生が最高のキャスティング、最高の演出をしてくださった。

ルードヴィヒ、舞姫、そして近松と長年、景子先生のミューズであり続けたみわさん。これもご縁なんだろうねえ。

歌劇誌の景子先生の送ることばを拝読すると、近松の枠はもともとは舞姫の再演ということだったようですが、新作にしてくれて本当良かった・・・。トヨは、あのトヨのままで良かったんです。エリスの影を抱いたまま、眠っていてくれていいんです。それに、あのタイミングで観たかったのは、トヨの面影ではなく、新しいみわさん。あのときのみわさんだから、成長したみわさんだから出来る役、だったんだと思います。わたしは近松は一度しか観れなかったけれど、心からそう思います。

みわさんはこの組替えの多い時代に花組ひとすじでやり切った男役さん。ご本人も花組ファンで、花組配属になって、花組のDNAを存分に持ち合わせたひと。

卒業の発表が出たとき、「ああ、遂にこのときがきたか」と思いました。同時に、このみわさんのDNAをしっかり下級生に受け継いでほしい、残してもらわなくてはと思った。これは組担の願い以上に、下級生さんたちにとっては「使命」だと思っています。それぐらい、みわさんのDNAというものは花組にとって大切なもの。

そんなみわさんの最後の公演がオリジナル2本立てで良かった。CONGAという花組にぴったりのショーで良かった。ヤンさんが振付に入ってくださって良かった。

プロローグから、すみっこの下級生まで目の色が違っていて、野生的な美しさに輝いていて、「ああ!これが花組だ!わたしのだいすきな花組のショーだ!」と観劇するたびに感じさせてくれていました。

下級生の男役さんたちもひっしで自分をアピールして、上級生から少しでも良いところを盗みたい、そんな熱気に満ちているステージをいつも見せてくれました。

これが、次のバウ・DC・青年館、そして来年の11再演に繋がっていけばいいね・・・。すぐに芽は出なくても数年後、育った下級生を見てみわさんDNAを感じて涙する日がくるんだろうなと確信してる。それが繰り返されるのが花組だから。わたしの愛してる花組ってそういう組だから。

みわさんのDNAは下級生によって受け継がれていくはず。みわさんが卒業したあともみわさんの男役の薫りは残っていくはずなんだ。

みわさん。今までたくさん、たくさんありがとう。あまりに当たり前にそこにいたみわさんだから、まだしばらくはきっといなくなったって実感持てないままなんだと思う。
いつ、どんなみわさんも、あったかくて優しくて愛に満ちていて男役が、花組がだいすきで、そんなみわさんが本当にだいすきだよ。

これからもいつもみわさんの幸せを祈っています。
卒業、おめでとうございます。

夢を、たくさん、たくさん、ありがとう。

花組(贔屓組・担組) | - | -

積み木のお城の王子様

みわさんが大劇場を卒業されました。おめでとうございます。
最後の姿を見届けたいと大劇場へ行ってきました。
最後の挨拶の前の、組長さんが読み上げる本人のメッセージを聞きながらみわさんの成長の殆どをずっと見てきたなあと胸がいっぱいになりました。
喜多先生からの「誠意と根性、そして努力」という言葉は大切にしていると下級生時代にスタ小でも語っていたよね…。懐かしいエピソードをよみがえらせてくれる言葉にまた自分が見つめてきたみわさんの男役人生を思います。

わたしにおけるみわさんはまず芸名で目をひいた方でした。羽、に麗しい、と書いて「はれい」と読む。面白い名前のひとがいるなあと思ったのが一方的な出会いです。みわさんが研4のときのこと。

ルードヴィヒの幕開きで「お城!」と輝く瞳で答える王子様がみわさんでした。
思えばあれも景子先生の作品だったよねえ。ベンヴォーリオで抜擢されたロミジュリも景子先生だし、もうずっとずっと下級生の頃からみわさんは景子先生のミューズたらしめる存在だったんですね。
みわさんは、一期上には蘭寿さんや一帆ちゃんがいたし一期下にはまっつさん、そのかがいて正しく花組の男役らしく近い学年のひとたちと切磋琢磨して育った男役。

みんなまるっと愛でてきた。

みわさんで好きだった役。
NAKED CITYでの二コラ・ダッチさん。これは文句なしにかっこよくて、それまで観たことのないみわさんの硬派な男役を見れた役。
ミーマイでのジェラルド。半ズボンに靴下姿のおぼっちゃんがあんなに似合うひとって・・・!
くらわんかは改めてみわさんのお芝居の巧みなことを知った作品。

個人的にはやはり、I GOT MUSIC でコンサートメンバー最上級生としてメンバーをまとめ、春野さんを支えてくれていた姿やタキジャズの幕開けで一帆ちゃんを迎えにきていたのはみわさんだったなあ、とかそういう細かい思い出がたくさんたくさんあります・・・。

舞姫は大切な、大切な思い出。
やってほしかった題材だったから、景子先生の演出で、みわさんの主演で観れてほんっとに幸せだった!

みわさんのお芝居も大好きなんだけど、やっぱりショーで弾けるみわさんが大好きでした。
花組の男役らしい姿であり続けた、花組の男役としての誇りを持ち続けている、そんなみわさんが本当に本当にいなくなるのは淋しいし、これからの花組を思うと不安もいっぱいある。

いつかは変わっていく。それはいつもどこかで覚悟していることではありましたが。
千秋楽の蘭寿さんの挨拶を聞いていて、なんだかあさちゃんが組替えし次いでは蘭寿さん、さらにゆみちゃんも組替えし・・・っていう頃の春野さんの姿を思い出しました。
だけど春野さんと違うのは、蘭寿さんは組替えすることのメリットを身をもって知っているということ。だから一帆ちゃんのことも淋しさ以上に喜びで送り出そうとしているのが伝わってきたし、その愛の大きさに「うちのトップさんちょーかっけえな!」と心から思いました。や、知ってたけど!

みわさんも伝えられることは全て、下級生に残していこうとしている姿が節々から伝わってきていましたが、千秋楽の舞台でも掛け声いっぱい発信してるみわさんの姿がありました。
その後ろにはその姿を受け継ごうと思っているであろう下級生くんたちの姿がありました。

下級生くんたちにおかれましてはみわさんのDNAを受け継いでください><ほんまに><頼むで><

良い千秋楽だったなあ。観れて良かった。
みわさん、大劇場卒業おめでとうございました。大好きです!心から幸あれと願います。

花組(贔屓組・担組) | - | -

復活/カノン

復活とカノンの感想を書きます。大劇で3回観ました。あとは東京で数回観る予定。

続きを読む >>
花組(贔屓組・担組) | - | -

見つけた!


ゆうくんをひっしに追いかけながらいろいろとわたしも変わっていくわけでして。

続きを読む >>
花組(贔屓組・担組) | - | -

風にのせて今、君に届けるよ

初日いってきたよ。泣くとこ泣いたけど楽しかった。やっぱり花組だいすきだな。いいな。
ゆうくん綺麗でかっこよくて、ジョジョ春野さんのいた場所に辿り着いたんだなあ(男役トップさんとして)て思った。シモン親分とかお披露目当時を思うと感慨深い。ほんと立派な誇れるトップさんになられました。
あと一帆ちゃんやみつるがやたら頼もしく見えたのが嬉しかった。下級生もメキメキ出てきたしトップさんのサヨナラ公演て次世代への準備でもあるよね。1ヶ月今の花組をただひたすら追いかけて見守りたい。見届けたい。そんな気持ちでいっぱいです。2月はフレディさん担になる。ゆうくん世界一かっこいいよ!


\うっとり!/
花組(贔屓組・担組) | - | -

ぐびじん集合日

彩音、最後の集合日><

もえりが一緒に卒業してくなーんーてーーーー!!!88期が減るのは淋しすぎる。というかもえりと彩音がいっぺんにいなくなるなんて、どんどん男所帯になるばかりじゃないか、うちの88期は!
みんな、愛してるよ!(←)

嫁はわたし他組から来るんじゃあ><とは思っていた時期もありましたが、バウ見て「うちの組にはこんなに可愛いれみがいるんだから!」と思い直したんです。
なのに・・・れみー(´;ω;`)

れみが花組の娘役さんらしくなっていくのを楽しみにして、ずっと観ていたかったのに
それをあの劇団は許してはくれないんですね・・・

彩音のカウントダウンが近づいている。ということはもっとゆみちゃんのカウントダウンは差し迫っている・・・
そして、れみももうすぐ花組からいなくなる・・・

今はそのみっつで頭がいっぱいです。

大好きだったゆみあやがいっぺんにいなくなるんだよ(もえりも!)
れみも大劇だけなんでしょ?最後まで彩音見送れないんでしょ?

もーほんと泣きたい。゜。゜(つД`)゜。゜。いろいろつらすぎる〜

花組(贔屓組・担組) | comments(0) | -

総括でもやっとく?


2009総括

続きを読む >>
花組(贔屓組・担組) | comments(0) | -

彩音!!!!!!!!

彩音以上にゆうくんの隣にいるべき女の子ってどこにいるんですか?(まがお)

彩音のことは組配属以来ずーーーーーっと見てきたから退団とか突然言われても素直に受け止めきれないよ・・・

彩音の演じる女性にはルーシーさん以来ずーっと芯の強さを感じることが多くて
それが彩音の魅力なんだろなって思ってきた
最近は彩音の演じる女性に共感して泣くことが多くて・・・

ショーで見せてくれる色の変化も彩音の魅力だと思う。どんなに色を変えても最後には可憐な娘役として相手役に寄り添う彩音がいつも心地よくて・・・だいすきでした。


語り始めれば話は尽きないほど彩音を見てきた思い出は限りありません


夏にサリーを演じる彩音を見てすごく楽しそうで、近年は暗い役が続いていたこともあって久しぶりにキラキラしている彩音が観れたのが新鮮だった


あの笑顔が退団を決意するきっかけになったんやね・・・・(´;ω;`)



卒業のその日まで彩音が彩音らしくいられますよう。

ミューサロさせてもらえるんやね。行きたいなあ。たぶん彩音が出ていた公演って全部曲わかるんちゃうかな^^(←)

花組(贔屓組・担組) | comments(0) | -

もちつきまつりって聞いて出てきてみたよ^^

花組は東京でがんばってますかー?インフル><心配してました><
瀬戸くんが休演になってフィナーレの8人口に代理で入ったの誰なんだろうって気になってたんですけど、瑠那ちゃんだったと風の噂で聞きまして。
同期で助け合ってるんだーってうるうるした。そうやって切磋琢磨して成長していくのが花組の男役だと思うから。

さて、もちつきまつりの麗しき署長のお兄さんを拝見しました\(^O^)/
春野さんが署長さんやったのって確かエスペのときだったから、もう5年も前になるんだよね!
花組もちつきまつり5年ぶりか!ひゃあ!

毎年恒例の娘役による小芝居は今年もありましたでしょうかwwwwwwww
スカステ見れないから確かめようがない><残念すぎる><

なんだかんだでもう来週にはエキサイターのライブCDも発売になるし。今回のショー、すっごい好きだったから久しぶりにライブCD買いたいなーって思ったの!買えたらいいなー

ママ氏が先日突然「ゆうくんが今回のショーでち/か/んやってるってほんと?」って言い出してびっくりしました(爆笑)

言い方によってはすごい語弊ですねwwwwwwwww

『違うよ!ミスターYUはチェリーちゃんに誤解されただけでほんとは何もしてないんだよ!』ってちゃんと場面の説明をしておきました。

あの場面の面白さは口頭では絶対伝わらないから悔しい><
ママ氏に「なんでそんなコメディーみたいな場面orz」って反応されたんだけど変身ボックスに入ってからの場面の切り替えのカッコ良さを見てもらえばこの良さは伝わるはずなのに><!

ゆうくんがボックスから出てきた瞬間、テンションちょーーーう上がるのに!!!
「ぎゃあ!花組のショーって感じだ!ちょうカッコイイ*><*」ってなるのにいいいいいいいい(地団駄)

そういえば、ご無沙汰している間に来年の演目も発表になったんだっけ。忘れてた。
まあ「ふーん」て感じでテンションひとつも上がらなかったから別にーなんですけど(シラッ)
ショーがない花組なんて><><><><
せっかく今回のショーがこんなにもクオリティ高くて素晴らしいのに、どうして花組には積極的にショーをさせようとかいう方針にならないかな!ファンの声とか聞いてたらわかるだろ!
これだけコスチューム物やってきたんだから次こそは正塚先生のスーツ物のオリジナルが来るはずと信じてたのにいいいいいい!楽しみにしてたのにいいいい(´;ω;`)
ああ相棒がスーツ物だからですか、そうですか。とりあえず、オリジナルをいい加減やってくれないかな^^大作は次で一旦打ち止めにしてくれるかな^^わたしが見たいのはオリジナル作品の芝居とショーの2本立てです^^

ちなみにママ氏にこの件もすぐにメールしたんだけど、やっぱり現役花組ファンを退いたママ氏にすらショーがないことは不評だったお。当然だと思うお。だから劇団はいろいろ考え直すべきだと思うんだお!!!!!!!!!!!!!

木村先生の演出ってことは音楽はおそらく甲斐先生で間違いないだろうし・・・まあみなさんお歌を頑張ってくださいって感じの作品になりそうだね。


まだ昨日のことみたいに「トカゲーーー♪」を思い出せてしまうから、余計なんか・・・いろいろ考えてしまう。
あの公演、初日はどうなることかと本気で思ったけど振り返れば楽しい思い出しかないんだよね。ほんっとに、めっちゃ楽しかった。夢中で劇場に通ってたし、最高に楽しかった^^

花組(贔屓組・担組) | comments(0) | -

Profile

Category

Archives

Links

Other